漆芸展2011/11/15 04:02

松本に出かけた際に、かつての恩師のお姉さまの展覧会に足を伸ばしました。
場所は安曇野の池田町立美術館のギャラリーです。安曇野から北アルプスまで見渡せる気持ちのよいロケーション。遅い紅葉ですが、見ごたえのあるパノラマでした。

会場の写真が撮れなかったのでチラシでご紹介
作品は工芸というより漆絵画とでも言うようなところがあって、新鮮な印象を受けます。お椀や、家具、箱物といったものだけでなくて絵として制作されている作品も多くて、漆黒の中に引き込まれていくような印象があります。美しい作品群でした。
これらの作品がうまく継承されますように。
外に出ると再び秋景色。いい作品を見た後は余韻があるんでしょう、周りの景物が作品に見えてきます。
自然が作品、です
花鳥風月を愛でるというのは日本で生活していることの楽しみなのだと思います。


サモア工房作品展2011/11/15 03:31

木工をやっている、学生の時の先輩が松本で個展を開いているので、仲間と集まりました。
会場は県の森公園の近くの「クラフトセンター」のギャラリーで、ここのHPにも紹介されてます。
http://matsumoto-crafts.com/?p=1350
小ぢんまりとした会場の中央に、自然木だぞといった面持ちのテーブルがあってズラッと小ぶりな作品が並んでいました。奥のコーナーにはちょっと大きめの作品。
カード立がたくさん並んで景色ができていました

すでにいくつか氏の作品は持っていますが、なんだか懐かしいような雰囲気を感じました。拭き漆は氏の作風の原点ですが、最近はオイルフィニッシュも始めたとのことで、明るい雰囲気の作品がちらほらとありました。
私は拭き漆のほうが好きで、素材の持ち味をうまく引き出しています。大きさの大小には関係なく木目の美しさは見ていて飽きることがありません。
足の形が面白い花台でした
財布と相談してカード立てを購入しました。小さいけど木目の感じがきれいで、ちょっとした宝石のようです。
これからの展開も楽しみ。
がんばってください。


建中寺の天王祭2010/06/07 01:28

建中寺の天王祭やってるよ、という話があって、子供たちと行ってきました。
からくり人形のある山車が出ることで知られているお祭りで、通りがかりでは何度か見たことがありますが、考えてみると、しっかり見るのは初めて。
尾張徳川家の菩提寺である建中寺の門前の筒井町。その近辺の町内の山車が2台連なっての曳き回しはなかなかの迫力。
ビルにも負けない存在感。電線がちょっと邪魔な感じ。

2台ともに、からくり人形があって賑わいを盛り上げております。
山車のからくり人形をあちこちで見ていると、からくり人形は唐人の風姿をしていることが多いようです。中世の日本では唐人の曲芸師たちが全国を興行して廻っていたらしく、そんな背景があってのことだろうと私は勝手に思ってます。でも、ここのは能装束に近くて、奉納舞であることがうかがえます。
奥のからくり人形は、早変りの着せ替え

出しの名前は湯取車。釜から紙ふぶきの湯気が・・・

山車の方が落ち着いたところで建中寺の門前にズラッと集まった屋台を見物。
射的や輪投げといったチャレンジ物のあまりのあっけなさに子供たちは少々ご不満のようすでした。でも、まあ、世の中そんなに甘くはないのだよ。


那谷寺(なたでら)2010/05/05 02:24

建築の設計をやってる友人達と温泉で集まりました。翌日はあちこちを見て回りましたが、「那谷寺に行こう」という話が出て、行って来ました。
山岳信仰の影響が感じられる、面白いお寺で、三仏寺の投入堂を見たときのことを思い出してしまいました。
参道から本堂にかけて岩が露出していて、そこに祠がいくつかはめ込まれています。
ただの岩山ではありません
この写真の右手に本堂がありますが、よく見えてないようです。
参道から見ると顔をのぞかせます。
岩肌と樹木に隠れて・・・
本堂の中では、洞窟のようなところにある本尊の周りを歩く「胎内巡り」もあります。
本堂から出ようとすると、こんなところを通過します。
これも境内
ろうそくの明かりが揺れる暗がりから、ここを抜けると、急に視界が開けて新緑が目に飛び込んできました。
産道を抜けてオギャーと生まれ変わったような感じで、面白い体験でした。






姫路城2009/11/11 02:32

全体も部分も洗練されていて、どこを見ても絵になりますねえ
来年から5年間、大規模改修で見られなくなるってことで姫路城を見学して来ました。新幹線からチラッと見たり、写真集を見たりしたことはあっても実際に行くのは初めてでした。
JRの駅前通りから、真っ正面に見ながら近づくにつれ次第に立体感が出て来て面白かった。
白鷺城と言うだけあって、無骨というよりも繊細な雰囲気が漂っていました。城郭としての構成も天守が複数あるような構成になっていて見応えを感じるお城。単純な富士山型じゃないところが面白い。
これで、国宝の城には全部行ったことになりますが、「美しい」といえば姫路城が一番でしょう。
内部も無骨な中にも洗練を感じます。
それにしても、かつて、解体修理が行われたとか。漆喰で固めたこの巨大で重厚な建物をどうやって分解組み立てをしたのか。不可能は無い、と言えばそれまでですが驚きました。
紅葉との取り合わせも美しく、さすが世界遺産。